ベテラン看護師の転職の注意点は?

看護師

看護学校を卒業してから長い間実務経験をし、 様々な知識を取得し、看護師仲間との間で一喜一憂。 そのような数多くの経験により管理職や主任、看護部長や師長を 経験してきた方も多くいらっしゃると思います。

そのような管理職は責任感やリーダーシップだけでは 勤め上げることができず、看護目標や方針はもちろん、新人教育や スタッフの管理、業務内容、そしてスタッフのプライベートな 相談など、大変細かなことを行うことが必要とされてきます。

時には更に上の上司と部下との間に入ったりして、悩んだり ストレスを抱えたりすることもありますが、 大変やりがいのある仕事と言えるでしょう。

現在の看護師不足の環境の中で、看護師の管理職を経験された方の 転職は大変喜ばれております。 求人内容もかなり良い条件になっているようで、 より良い条件の職場から転職先を選べるようです。

また管理職を経験した看護師が転職する際には、 やはり転職により希望をかなえると良いといえます。

勤務形態、給与、管理職、職場環境など、実際に希望する条件を より詳しく病院側に伝えると良いでしょう。

病院側から管理職の看護師に求めるスキルとしてあげられるものは、 看護における方針や目標をしっかり持つこと。 また、それを職場スタッフにしっかり伝達し実行することです。

各スタッフへの橋渡しや交流をすることも必要となりますので、 リーダーシップやコミュニケーション能力、 教育能力なども必須となります。

さらに上の管理職に求めるものは、スタッフ管理はもちろん、 危機管理や病床管理、場合によっては経営者側からの目線も 必要となってくる場合がありますので、 大変高いスキルが必要となるでしょう。

最後に様々な管理職に共通する事柄ですが、全ての看護師の模範と なるためには、自分自身の看護スキルが大変重要となってきます。 どんな状況にもあわてず冷静に対処できる事が必要です。 それと同時に、人柄、人望も大変重要なこととなります。
愛媛大学附属病院トップ

看護師の求職活動での面接のポイント

看護師といえども転職する際には企業と同じように面接を行います。 いくら看護業務が上手くこなせても、人間性に欠けると思われれば 採用は不可能です。

そんなとても大事な面接時のポイントとして、 前職を辞めた理由は何と言えばよいのか考えてみましょう。

前職を辞めた理由に多いのが、やはり人間関係や給与等の 不満などが多くあげられます。 しかしそのような退社理由の場合は、やはり印象が良くありません。

ネガティブな理由よりもポジティブな理由のほうが好印象であり、 採用したいと思うのが人間です。

ネガティブな理由の場合、例えば人間関係が理由の場合などは、 自分がどのような環境にいたのか、どのような待遇だったのかを 考えて、これから先どのような看護をしていきたいのか、 希望の環境はどのようなものかを考えると良いでしょう。

たとえ理由がネガティブなものでも言葉を変えて表現し、 その先に明るいものをつなげることで印象が変わってくることも 多くあります。 更には、面接を受ける病院の看護内容や特徴などを加えれば、 立派なな志望動機となるでしょう。

そして気になるのは、給与や休日、人間関係などが一番 大きいと思います。しかしそのような点は自分から聞くのではなく、 面接官が「聞きたいことはありますか?」などといった後に 聞くほうがよいでしょう。

給与や休日、勤務形態などは誰でも聞きにくいものです。 それを自分から聞いてしまう事により、どうしても相手への印象は 悪くなってしまい、思うように聞きたい事が聞けずに終わる といった場合が多くあります。

しかし雇用条件はしっかり確認しなくてはならないのも事実です。 聞きにくいことは相手から聞かれてからの質問のほうが印象がよく、 よりスマートに面接を進めることができます。

また面接時に給与交渉をする職場もありますが、そのようなことが 苦手な方は、転職サポートをしているサイトなどを上手に利用する ことで、より希望する条件の職場を捜すことができますよ。

中堅看護師の悩み

看護師としての業務も長く携わり新人育成なども経験し、 そこそこ業務ができるようになってきた中堅看護師にも 悩みはつきません。

その悩みの一つとして、同じ看護師同士の給与の差では ないでしょうか。同じ看護師なのにどうして給与に差が出るのか というと、「看護師のキャリア」の差だといえるでしょう。

看護師のキャリアは、ただ単に看護業務に携わった年数だけでは なく、どの業務にどれだけ深く携わったかと言うことが含まれます。

一言で看護師といってもその業務内容は大変幅広く、 専門の医療をより深く学ぶことにより、看護師としてのキャリアが 生かされるようになってくるのです。

良く知られる専門看護に助産師や保健師などがあります。 最近多くなった介護の現場で活躍するケアマネージャーも 専門看護で、大変ニーズが高まっています。

そのような専門の職場での資格を取得することで より給与の差が生まれてくることでしょう。 認定看護師、専門看護師といった資格を取得することにより ステップアップし、自信が付き、さらにやりがいも出てきます。

また、資格にこだわらずとも実務経験でも十分にスキルアップ できる現場も多くあります。 その一つに救急センターがあり、そこで実務経験を積むことにより 高い評価につながります。

また、将来どのような職場での看護を希望するのかによって どのようなスキルアップをすればよいかも変わってきます。

大規模な病院で長期にわたり看護経験を積んだとしても、 その経験は個人のクリニックではほとんど生かすことができません。

大学病院などの大きな病院では医師と看護師の仕事が はっきり分かれています。 しかし個人のクリニック等では、大学病院などでは医師が行う 処置なども看護師が行う場合が多くあるのです。

このように、ただ単にスキルアップすればよいと言うのではなく、 将来どのような看護がしたいのか、どのような職場で 勤務したいのかなどをよく考え、興味のある分野でのキャリア形成 を目指すことが大切な目標だと言えるでしょう。

このページの先頭へ